うつ病治療で使われる薬

医薬品

うつ病になったとしても、専門病院に通い、正しい方法でしっかり治療を行えば回復させることができます。うつ病の治療を続ける上で、抗うつ剤が必要になる場合もあるので、必要最低限の知識を付けておくようにしましょう。

症状を改善させる薬剤

カウンセリング

患者さんや家族の方にも知っておいて欲しい抗うつ剤の種類や特徴、さらに話題となる新薬などに関しては、やはり副作用のリスクなども関わってくるため、正しい知識を知ることは大事です。その他、相乗効果などもあったり、正しい服用で症状は改善できます。

うつ病の適切な治療方法

ハート

十分な休養と薬の利用を

ひどく辛いことや悲しいことがあった時には、誰でも気分が落ち込んだり無気力になったりするものです。しかし、そのような状態からは多くの場合、毎日の生活を送る中で時間の経過とともにやがて回復していきます。ただ、極端な抑うつ状態がほとんど1日中あり、それがほぼ毎日、2週間以上も続くような場合があります。これはうつ病である可能性が高く、放っておくと仕事や学校など日常生活にも重大な支障をきたしてしまう恐れがあるものです。うつ病になると心だけではなく、不眠や食欲の減退、倦怠感など身体にも症状が現われることがあります。発症のメカニズムはまだはっきりとはわかっていませんが、脳の働きに何らかの問題が生じた状態であると考えられています。うつ病は負の出来事や状況だけではなく、結婚や昇進など本来喜ばしいはずの環境の変化によっても引き起こされる場合があります。発症が疑われる際には、できるだけ早めに精神科や心療内科の医師の診察を受け、必要に応じて速やかに治療を行うことが重要です。うつ病が深刻化する前に治療を開始すれば、回復までにかかる時間はその分少なくて済みます。治療で肝心なのは、十分な休養と適切な抗うつ剤の服用です。気分の落ち込みなど心に生じた問題を解決するために薬を使用することには、抵抗を感じてしまう人もいるかもしれません。しかし、抗うつ剤は一時的な気休めやカンフル剤のようなものではなく、脳内のバランスを科学的に正常な状態に近づけてくれるものです。病気の状態や程度に合わせて利用することは、うつ病からの早期回復にとってとても重要な条件のひとつなのです。抗うつ剤を服用する場合には、薬の種類の選択はもちろんですが、用量・用法をきちんと守ることも大切です。抗うつ剤の効き目は、飲んですぐに現れるようなものではない場合がほとんどです。数日間から時には数週間継続して服用することによって、徐々に脳内のバランスを整えていくものなのです。そのため、なかなか薬の効果が現れないからと自己判断で中止することは避ける必要があります。また反対に、しばらく使用して症状が治まったからと、勝手に服用をやめるのも禁物です。きちんと病気を治し、再発のリスクを抑えるためには、ある程度の期間に渡り抗うつ剤を使用する必要があるのです。もっとも、薬の内容や副作用など疑問や相談がある場合には、しっかりと医師に話をしてみることも大切です。担当する医師との良好なコミュニケーションも、病気からの回復には重要な条件のひとつなのです。

治療薬を正しく使う

病棟

うつ病の治療においては、抗うつ剤などの薬物治療を行うことがほとんどです。しかし、何をするにも億劫な症状があらわれている場合、毎日決まった時間にきちんと服用していくことは難しくもあります。治療薬を正しく使えるよう意識することが大事です。

セロトニンを増やす薬です

医者と薬

うつ病はセロトニンが不足することから発症される病気といわれています。そのセロトニン不足を解消させるために抗うつ剤が処方されます。しかし薬だけでなく普段の生活でもセロトニンを分泌させる習慣を身につけることも大事です。