医者

抗うつ剤の効果と使用方法を知ろう!【精神を安定させるお薬】

治療薬を正しく使う

病棟

心配なら医師に相談

うつ病の治療薬である抗うつ剤は、脳の中で起きている神経伝達物質の生物学的な変化を改善することにより、うつ病特有のつらい症状を緩和する薬です。しかし、正しく服用を続けていかなければ、その効果も半減してしまいます。抗うつ剤というのは効いてくるまでに時間がかかります。その人の体質や症状によって合うか、合わないかという問題があるため、医師は最低投与量の処方からスタートして経過を観察していくのが治療の流れです。数週間しても効果が得られないときには、量を少しずつ増やしていきます。そのため、まずが気長に服用することを心掛けることが大事です。また、抗うつ剤は毎日規則正しく飲み続けていくことで、血中濃度が一定レベルまで上がります。それにより効果が発揮されるので、飲んだり飲まなかったりすると、血中濃度が下がってしまい、効果が出にくくなってしまいますので、規則正しく飲み続けることが重要です。調子が悪い時だけでなく、毎日決められた量を飲み続けることが大事になります。そして、薬を飲み始めて、何かと心配なことが起きたら、医師に相談します。副作用の出方は人によって異なり、もっともよく使われている抗うつ剤のSSRIでも、胃のむかつきなどの消化器の異常があらわれることが多いです。かと思えば、副作用は全くでないという人もいます。副作用が強い時は抗うつ剤の種類を変えることも可能です。うつ病の治療薬は1種類だけではないので、決してあきらめることなく、医師と相談しながら薬物治療を継続していきます。さらに、多くの場合、同時に数種類の薬が処方されます。抗うつ剤だけでなく、症状によっては睡眠薬や抗不安薬、気分安定薬などが処方されるケースも多いです。加えて、副作用を抑えるための薬も一緒に処方されます。薬によって、1日1回の服用のものもあれば、2回のものもあります。ピルケースや小袋に1日の朝・昼・晩というように分けておくと飲み忘れを防ぐことが可能です。もしも、飲み忘れてしまったときには、忘れてしまった1回分の薬をすぐに服用します。忘れてしまったことで落ち込む必要はなく、一度忘れてしまったので、このまま飲まなくてもいいと服用を止める必要もありません。また、食後に飲む薬だから、次の食事の後でいいと先延ばしにすることはよくないので注意が必要です。気づいたときにすぐに飲んで対応することが重要になります。加えて、その時に服用するのは、あくまでも1回分の薬です。2回分まとめて飲むことがないようにします。